×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

フュージング素材

今月の特集

今月のお買得品!
特別な表示できない価格です。ぜひ、ご連絡ください。
フュージングの素材を販売してます


表札の取り付け方

フュージング表札の取り付け方です。誰でも間単に取り付けることができます。
フュージング表札の取り付け方


特定商取引に関する法律


お支払い方法


送料について


返品・交換について


ブログクサイト

リンクサイト

お問い合わせ


更新情報

2010.01.06 UP
フュージング表札の取り付け方法
TOP > フュージング表札の取付け方

サンドブラスト用フュージング表札の取り付け方法です!


東京フュージング表札の取り付け方法
表札のタイプや取り付ける場所により取り付け方も違ってきますが一般的な取り付け方法です。
ご自分で取り付けされる方はタイプにより違いますので説明図を参考にして取り付けをお願いいたします。
又、業者に取り付けを依頼される方は前もって相談をなさってからの取り付けをお勧めいたします。
尚 取り付けにご不明な点、或いはいまいち解らない点等ございましたらお気軽にお問い合わせ下さい。

(1)表札にステンレス板の無いタイプ
壁にボルトを埋め込んで止める[1]タイプ通常タイプです。
表札の裏の位置にボルトが出ております。
商品によりボルトの本数が変わります。
表札本体は組み立て済みで発送いたします
壁に穴を開けて 差し込んで取り付けます。
表札にステンレス板の無いタイプ   
1.壁面にドリルでボルトの径より少し大きめの穴を開けます。
2.穴を掃除して接着剤を注入する。
3.表札のボルトを壁の穴に差しこみます。
4.接着剤が硬化するまで固定、防水してください。
(接着剤はホームセンター等でお買い求め下さい。多用途A B混合セメダインがお勧めです)


(2)表札にステンレス板止めのあるタイプ
表札にステンレス板止めのあるタイプ  
1.壁面にドリルでボルトのより少し大きめの穴を開けます。
2.穴を掃除して接着剤を注入する。
3.表札のボルトを壁の穴に差し込みます。
4.接着剤が硬化するまで固定、防水してください
5.ステンレスの厚みは1.5mmですのでボルトの長さも変わりません。


(3)表札を接着剤で止めるタイプ
(補助プレートはご希望で出荷します)
補助プレートで裏面が平面になる様に加工してあります。
穴開けは不要です。接着剤で表札を取り付けます。
壁に穴が開けられない場合にご利用下さい。補助プレート費用1,000円で承ります。
表札を接着剤で止めるタイプ  
1.初めに表札と補助プレート(樹脂製)を接着剤で接着し乾燥確認後に壁に接着します。
2.御希望によりますが補助プレートを表札に接着済みで出荷することも可能です。
3.接着剤で表札を取り付けた場合も接着剤が硬化するまで固定、防水してください。

ガラスフュージング表札・付属品!


Pick up ! … 東京フュージング表札 フュージング表札付属必需品


ステンレス板 200角

■ステンレス板 (200角)

200mm×200mm 1,000円

ステンレス板 150角■ステンレス板 (150角)

150mm×150mm 800円

ステンレス板 ワイド■ステンレス板 (ワイド)

150mm×80mm 500円

化粧ビスセット 4本組

■化粧ビスセット (4本組)

2,000円


化粧ビスセット 2本組

■化粧ビスセット (2本組)

1,000円